スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが糸冬Pの伊織幻戦記を拝見しました

 今更ですがシリーズその1。

 糸冬Pの伊織幻戦記編。

 なお、単なる感想文ではなく、WizM@Sの方にもかかわってくるよーな記述がありますので、そういうアレを目にしたくない方はご注意を。
 
※本文最下部に重要な追記あり
 (2008/03/11/22:55 & 03/12/00:53)




 ……いやこれ、本当に凄すぎて言葉もないです。鳥肌立ちすぎてそれがデフォになりそう。

 時代考証や台詞回しがしっかりとした知識に裏打ちされてる上に、架空戦記小説の王道とも言える(いや、このジャンルについてはちっとも詳しくないんですが……)歴史改変ネタの秀逸さがもうにんともかんとも。いおりん主役ってのもなんかもうたまらんですな。なんか、こう。ぐっと。
 しかもシリアス・和み・笑いの全てをカバーしているのに、物語が破綻しないどころか深みが増しているところとか、さらにそこにコメントが加わってあたかもメロンに生ハムを乗せるかのようなハーモニー(どんなだ)が、こう。たまらんのです。ホントに。じゅん、ってきちゃう。面白かっこよすぎる。

 そしてなんといっても、いおりんの口から出されるキラキラした綺麗な液体マジ最高!(※)



 ……さて、ここからがこの日記の本編(?)です。



 ※いやあの別に、私が女性の吐しゃ物に懸想する特殊なアレの持ち主というわけではなくてですね、(同じくくりにするのも畏れ多いことですが)リアル志向なシリアスもののiM@S架空モノを、駆け出しとは言えやらせていただいている身としては、

「リアル志向とかシリアスとか言っても、果たしてどこまでやっていいものなのかなあ」

 という悩みがずっとあったのですが、伊織幻戦記シリーズを見て、こう、すとんと胸に落ちたというかなんというか。
「iM@S架空モノの視聴者の方々は、内容さえしっかりしていて、かつ面白ければ、こういうリアルさも受け入れてくれるんだな」と。

 とは言え、それは糸冬Pクラスの力量があってはじめて許されることのような気もしますが、そこをあまりつつきすぎると何もできなくなりそうなので、私は私なりに、ってな感じで頑張る所存です。

 ……この得心によりWizM@Sのアイドルたちの不幸度が増すような気も(濃厚に)してますが、そーゆうのが大丈夫な方にだけ見てもらえたらなー……ってのはたぶん無理でしょうから、なるべくお叱りを受けないように注意しつつ、何とかやっていきたいなー、と。
(そもそもアイドルたちは全員私の娘なので、救いのない不幸に陥らせたりなんかしません、ええ、しませんとも! ……たぶん!)





追記:糸冬Pを困らせてしまいました……。申し訳ありません。天地神明に誓って、糸冬Pが危惧されていたような捉え方ではなかったのですが、うーん。やはり引用すべきでなかったかも知れません……。
 また、「嘔吐シーンのみ取り上げられるのは本意ではない」とのお言葉も頂戴いたしました。私としては、「伊織幻戦記と言えば嘔吐シーン」などという取り上げ方をしたつもりは全くなかったのですが、文脈が文脈であったため、そこが強く意識されるようなクローズアップの仕方になってしまったことは、完全に私の不徳の致すところであります。特に、文字色がピンクの部分などはもう本当に言い訳のしようがありません。
 すでに糸冬Pのブログの3月10日の記事のコメント欄にて謝罪させていただいておりますが、さらに重ねてお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

 しかし、こういうところで尊敬する方に勘違いされたり、引かれたりしてしまうのは非常に物悲しいものがありますね……。自業自得なれど、打たれ弱い私にはとても堪えます……orz


追記2:糸冬Pからのお沙汰待ちの間、本文は一切いじりません。
(2008/03/11/22:55)



追記3:この記事のコメントにもありますように、糸冬Pからお許しがいただけました。
 ……良かったよぅ、良かったよぅ……。
(2008/03/12/00:53)
スポンサーサイト

comments

No title

ずいぶんと気を遣っていただいて、恐縮しております。
こちらといたしましても、既に「あらすじ」等でネタにしてる側面もありますので、いまさら文句を付けるのは筋違いであることを理解しております。
お気になさらず、お考えの通りの動画作成を続けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお今後、WERDNAPが描写を頑張りすぎて苦情が出たとしても、当方は一切関知いたしませんのでそのつもりで(笑

No title

わざわざご足労いただき、ありがとうございます。恐縮です。
今見返すと糸冬Pのブログに書かせていただいたコメントもかなり舌足らずでお恥ずかしい限りですが、お許しがいただけて心の底から安堵しております。
素早いご対応、本当にありがとうございました。

伊織幻戦記の続き、首を長くしてお待ちしております。


>描写を頑張りすぎて苦情が出たとしても
き、気をつけます……って、元々頑張りすぎるつもりは……w

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー+月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カンディ
マピロ マハマ ディロマト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。